スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話問い合わせ時間について

電話お問い合わせ時間帯のお知らせ

電話でのお問い合わせ時間帯は下記の通りとなっております。
どうぞよろしくお願い致します。

月・火・木・金
(午前8時30分~午後5時30分)

(午前8時30分~12時)

(午前8時30分~15時30分)
スポンサーサイト

お盆休診日

8月11日(金)~14日(月)はお盆休みのため休診いたします。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承ください。

                                          院長

メディカルエステをお休みします

本年8月末で、メディカルエステをしばらくお休みいたします。
ご迷惑をお掛けいたします。

美肌の扉~中国の美容事情~

最近、朝が冷え込むようになってきましたね(°_°) 私の好きな冬の季節に近づいているんだなぁとワクワクしながら毎日目が覚めます。



皆さまこんにちは、Kです。




さかのぼることこの8月、上海に行って参りました。今日はそこで知ったことや面白かったこと、日本人と中国人の美の違いなどをお話ししていきたいと思います。





この旅の1番の目的は中医学の診療科を受診すること。中医学とは、わかりやすくいうと漢方薬で病気を治す、予防するという中国の伝統医学です。



「中医専門クリニックbody and soul 」という診療所におじゃましてきました。



そこでは診察内容は、どのように体調が悪いのか?という問診、脈や舌の色、皮膚の色、爪の色や形で症状をみていき、最後にその人にあった針の治療や漢方を処方するといったものです。



私もたくさん漢方を処方していただきました。


大量の漢方をお湯で溶いて飲むのですが、まぁ~美味しくないこと(笑)


でも、これで元気になれる!と思って一生懸命飲み続けております。



そこの診療所にいらっしゃったスタッフの方から素敵なお話をお伺いしましたので、シェアしますね!





女性の中で、生理痛に悩んでいらっしゃる方は結構多いと思います。



私も毎月の酷い生理痛で、学生の頃から産婦人科に通っていました。




女性なら生理痛はあるものよね、仕方がない…(ーー;)




と思って、酷い生理痛の改善を諦めておりました。


しかし、そのスタッフさんのお話によると、中国の女性はほとんどの方が生理痛がないそうです。




それは何故か…

中国の女性は普段から体を冷やさないように気をつけるからだそうです。そう言われれば、中国ではドリンクを注文する時に「氷を入れてください」と頼まないと、基本的に氷抜きのドリンクがでてきます。

そして、生理前には特に体を温めるように気を使うとか…!



また、スーパーでお買い物する時も、ただ単に食材を買い物カゴに入れていくのではなく、「今私は胃の調子が悪いから、この食材にしよう!」みたいに体調に合わせて食材をセレクトするそうです。



それだけ健康に気を使い、食材の知識もあるってことですよね(°_°)





その話しを聞いて以来、私も普段から体を冷やさないように気をつけています。お陰さまで、生理痛も随分と楽になりました!





それからですね、これは私が中国の女性をみて思ったことなのですが…



みなさん髪がサラサラなんです!いや、艶艶⁉︎


中国って硬水ですので、あまり髪にとってはいい環境ではないはずなのに…羨ましい。


それと、中国人は肥満体型の人がほとんどいない!食文化がいい証拠でしょうね。





今回は、私も食生活にもっと気を使わなきゃなぁと思わせてくれる旅でした。
そしてもっと中華料理や薬膳など、中国の料理を学びたいと思いました。


本当にいい経験ができました。



謝謝!
















以上、上海レポートでした(^^)


美肌の扉~途中経過~

みなさま、こんにちは。


本日は唇断食の途中経過をご報告!




唇断食を始めて2週間ちょっと経ちましたが…、唇の状態はとても悪いです*\(^o^)/*




特に下唇は皮がどんどん分厚くなり、口を横に「イーっ」ってできない程。。。 途中で何回か自分で剥げかかった皮を取ってしまったのがいけなかったのでしょう…、クレーターのようなものが4つもできてしまいました。





もう何も塗らないということには慣れてはしまいました。が、口紅やグロスが塗りたくて仕方がない毎日です(;_;)♡



赤リップやこの秋流行りのブラウンリップ、ボルドーリップ…後2週間はお預けです。




今は誰がみても「唇荒れてるね⁉︎酷いね⁉︎⁉︎ どうしたの(°_°)?」という状態なので、なかなか鏡をみるのも辛いですが、この先に健康でリップクリームに依存しなくていい唇が待ってる!と信じて耐えたいと思います。




以上、途中経過のご報告でした!
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。